JIA高知地域会トップ・ページへ
JIA高知地域会について
概念〈活動指針〉
組織構成図
高知地域会の歩み
正会員
アソシエイト会員
協力会員
家をつくりたい方に
無料住宅相談会
土佐派の家
受託事業
出版事業
土高知県建築文化賞
主な建築受賞歴
会員規約予算・決算書
LINK.collection
会員専用ページ
sub_title01
概念2 高知地域会の歩み2 高知県建築文化賞2 家をつくりたい方に2
組織構成図2 受託事業2 主な建築受賞歴2 無料住宅相談会2
会員規約 予算・決算書2 出版事業2 土佐派の家2  

Manifesto

建築は、人間の生活環境を形づくる基本的要件であり、
人類の優れた遺産を継承しつつ、新しい文化を創造し発展させてゆく大切な役割をもっています。
これは単なる技術の所産ではなく、建築とその環境にかかわるすべての人びとの
共感と理解に支えられていなければならないと考えています。


わたしたちは、建築設計監理業務を通じ、文化・歴史を鑑み、
多岐わたる分野の中で、日々知識と技術の研鑽に励んでいます。建築という領域にとどまらず、
グローバルな視点で、自然と人間が共生できるまちづくりを創造しています。

Concept

住宅の研究
これまでの使い捨ての時代から発生した様々な問題に対して、現在あるべき住宅を研究しています。そして、この問題と向き合い、サスティナブルな観点に立った住宅の開発やより省エネルギーで自然にやさしく、人間にも健康で安全な住宅づくりに取り組んでいます。


耐震
既存建物を現在の耐震基準まで引き上げるために、耐震診断を行い、補強計画を立て、補強工事を進めて行くことが必要。補強工事は設計監理方式で診断、設計、工事監理を、最善の方法で進めて行きます。


環境の研究
地球環境問題や住環境問題が、大きなウエイトを占める現代社会。環境に対して多大な影響力を持つ「建築」に従事する私たち建築家は、学習・研究会などを催し、環境問題に正面から向き合う活動を行っています。また、同じ問題に取り組む他団体とも広く連携して活動を行っています。


土佐派の家
住宅をその土地の風土のもとにある地産地消の営みに戻し、循環型でありながら現代の感性に応える革新性を併せ持ち、伝統の知恵をもとに土佐の射る日射し、むせる湿気、年毎の台風、百年毎の地震に対応しようとする運動。地場の木材、伝統の土佐漆喰、土佐和紙をもとに地場の職人が造り、繕い、100年の寿命を目指しています。


CPD・JIA登録建築家制度
私たちには、建築家としての資質、倫理性をもとに、高度な専門技術を持ち続け社会的責任を果たす事が求められています。CPDとは建築家としての知識と技量を維持強化増進する継続した学習プロセスです。継続職能研修のプログラムを作成整理し、会員の職能の向上を図っています。


高知県建築文化賞
高知県の建築設計者のレベルアップと優れた建築デザインの普及および建築文化の啓発活動を目的として、高知県建築文化賞を創設し、表彰すると共に記念フォーラム・展覧会を開催して紹介します。


重要文化財(建造物)保存・耐震
意匠的・技術的・歴史的に価値が認められた重要文化財(建造物)は、地域の精神的支柱となっている。しかしながら維持管理・定期的な補修・立地条件・使用方法などの点で耐震性に課題のあるものがある。地震時の安全性確保のための取り組みが急務であると考え、その実施に向けて取り組んでいます。


調査委託事業
これまで県下の歴史的建造物の保存活用に係る調査業務、町並み保存に関する調査等を実施。また、近代和風建築物調査・近代化遺産調査・指定文化財への道を拓く業務、保存修理業務も実施してきました。この実績を踏まえ登録文化財や歴史的建造物の保存と活用を目指して、提案型委託業務にも取り組んでいます。


まちづくりプロジェクト
都市計画法大改正に伴い、市町村のマスタープランづくりの重要性がクローズアップされ、各々の行政単位のまちづくりの将来像が求められています。
高知で育ち、高知で活動する私たちは、そのマスタープランを標準語で語るのではなく、土佐弁で語っていく用意があります。